ベテルギフトは国内最安の電子ギフト券売買プラットホーム!

ペテルギフトロゴ

取引率90.42%

不正ギフト券報告0(今月)

›  
Amazonギフト券を最も高く早く売る方法

Amazonギフト券を最も高く早く売る方法

Amazonでのショッピングに使える、贈り物として人気があるといった理由で売り買いが頻繁に行われるAmazonギフト券。売買プラットホームでは利用者同士が盛んにやりとりしている人気商品ですね。

買う側からすると少しでも安く買いたい、売る側からすると少しでも高く売りたいというのが本音。結論から申しますと最も高値で早く売れるのはベルテギフトです。

今回はAmazonギフト券がどういった方法で売れるか、利用するサービスの違いやどうしてベテルギフトが一番いいのか?についてご紹介します!

Amazonギフト券を売るにはどんな方法がある?

Amazonギフト券は他の商品券と同様に、不要になったら売ることができます。人気の高いAmazonギフト券を買いたいという人はたくさんいますから、売買が比較的スムーズに成立しやすいアイテムと言えます。Amazonギフト券を取り扱う買取業者は最近かなり増えていますが、換金率と手数料の有無といった条件は買取業者によって異なります。売る前に必ずチェックしておきたいポイントですね。

しかしどんな方法で売ることができるのか分からないという人もいるのではないでしょうか。
ここではAmazonギフト券を売る方法として主に使われている3つの方法を比較してみましょう。

買取業者、街の金券ショップに売る

こちらは最もシンプルな方法です。デパートの商品券を売るような感覚です。ただし、Eメールタイプや印刷タイプはそもそも売れません。これは「使ってみないといくらか分からない点」や「使えない場合に保証できない」等様々な理由があります。

売れるとしたら、コンビニ等で販売されている「5000円と書かれたようなバリアブルカード」になります。ただし、トラブル等も多い理由から金券ショップで売れる店もかなり限られます。また、換金率も80%以下とかなり低いものになります。

メリットとしてはその場ですぐに現金が手に入るという点ですが、店が少なく店を探してそこまで行く交通費等を考えるとおススメできません。

 

買取業者に売る(オンライン)

2つ目の方法は、Amazonギフト券を買い取ってくれるオンライン上の買取業者に売るというものです。

一般的な流れとしては、①会員登録 ②売りたいアマゾンコードを送る ③使えるかの審査があって問題なければ手数料を引いた額が銀行振り込みされます。

これは、受け取れるまでの時間が早ければ早いほど換金率は下がります。例えば、1万円分のAmazonギフト券を売りたい際、10分以内なら86%、3時間以内なら88%、1日なら89%といった感じです。(あくまで一例)これは日によっても利率が変わったりします。

また新規のお客様か2回目以降のお客様によっても利率が2~3%変わります。新規の方が高くで売れます。また、現金振込する際の振込手数料が250~500円かかるのが一般的です。

また買取してから指定口座へ現金が振り込まれるまでが比較的早い業者と、遅めの業者とがいます。翌日に対応するなど少し時間がかかる買取業者もいるので、利用する前にはこのあたりはしっかり確認しておきたいですね。

メリットは、すぐに売れて現金が手に入ること、デメリットは下記の3個目の方法よりも利率が悪いことが挙げられます。

こちらは、ベテルギフトの姉妹店のギフトグレースという店が安心して利用でき、買取率も高いです。

 

売買サイトを利用する

Amazonギフト券を現金化する最後の方法は売買サイトを利用するというものです。

これはヤフオクのようなCtoCのサイトということになります。売買が成立したら出品手数料を引いた金額が現金として受け取れます。

ベテルギフトもそうですが、ギフト券に特化した売買サイトというのは最近は増えております。

自分の好きな金額で出品することができますから、買取業者を利用するよりも高く売れる可能性はあります。しかし相場よりも高い、つまり他の出品者と比べてあまりに高い金額を設定すると落札されませんから、そのバランスは考える必要があるでしょう。

また、すぐに売れるとは限りません。当然ですが、買い手がつくまでは振り込まれることはありません。

Amazonギフト券を取り扱っている売買サイトを利用する場合、事前にチェックしておきたいのは出品手数料です。ギフト券の額面の約2%を出品手数料として支払うサイトが多いです。1万円のAmazonギフト券を売りたいとしたら約200円ということですね。(ちなみに、ベテルギフトは現在は手数料が無料です。

また現金を受け取る際は出金手数料も支払う必要があります。売買サイトによりますが、270~500円の範囲が多いです。

売れたとしてもこうした手数料がかかるということを念頭に置いて取引する必要があります。また、いつ売れるか分からないというデメリットもあります。

 

ヤフーオークションはAmazonギフト券を売るには便利?不便?

Amazonギフト券を売りたい場合の方法を2つ紹介しましたが、これ以外の方法としてはヤフーオークションを利用するというものもあります。ヤフーオークションはご存じの通りギフト券に限らずさまざまな商品がオークション方式で売買されており、かなり活発に取引されている有名なサイトですね。

「ヤフーオークションを使い慣れているからここでAmazonギフト券を売ろう」という人もいるかと思いますが、Amazonギフト券を売るのにヤフーオークションを利用するのはあまりおすすめしません。

なぜかというと売れた際の手数料が8%もとられてしまうから。1万円のAmazonギフト券が売れたとしても800円を手数料として支払わなければいけません。
この手数料の割合は売買サイトやオークションサイトと比べても高めの設定です。

またヤフーオークションは利用者が多いのですぐ買い手がつく可能性は高いのですが、ヤフーオークション特有の決済方法を逆手にとった詐欺が多発していて、安心して出品できるとはいいがたい部分があります。万が一ギフト券が使えない場合に保証もありません。お問い合わせ窓口は一切電話もつながらず対応も悪いです。

出品ややりとりの手間をかけた割に、現金として手にできる金額が低かったり質の悪い落札者に当たったりする、そんな可能性があるとなると利用するのは不安ですよね。

詳しくは、以前記載した記事「ヤフオクでアマゾンギフト券を買ってはいけない理由」をご参照下さい。

べテルギフトの手数料って合計でどれくらい?

Amazonギフト券を売る方法としてこれまで3つ紹介してきました。いずれもメリットデメリットがあることはつかんでいただけたかと思います。
では最後に、ベテルギフトについて見ていきましょう。

ベテルギフトは出品手数料がかからない売買サイトです。これまでに不正入手されたギフト券の売買は一件もなく、安心してご利用いただいています。
24時間チャージできる点やAmazonギフト券が売れた場合は営業時間中なら即日受け取りできる点も大変好評です。

また、振込手数料も270円しかかからず、ゆうちょ銀行やジャパネット銀行であれば即座に出金可能です。せっかく売れても高い手数料がかかって受け取る現金の金額が減ってしまい、入金されるのも遅いのであれば何の意味もありません。

また、何より喜んでいただいているのが、使えないときの保証もあります。買ってから使えなくなった場合に30日間返金保証も行っています。

売るとすぐに売れるので、ベテルギフトを選ばない手はありません。

 

結論!Amazonギフト券をもっとも高く売りたいならべテルギフトを使うのがベスト!

ネットショッピングが一般的となった今、人気のAmazonギフト券の売買件数は以前より増えてきています。Amazonギフト券を売る側から見ればできるだけスムーズに、そして高く売ってなるべく多くの現金を早く手にしたいもの。

Amazonギフト券を売ろうと決めたら、手数料が安く安心した取引環境が整ったベテルギフトをぜひご利用くださいね。