›  
【2022年11月更新】「楽天ギフトカード」徹底解説!!

【2022年11月更新】「楽天ギフトカード」徹底解説!!

「楽天ギフトカード」徹底解説!!

※最終更新日:2022年11月8日
2022年10月19日より「楽天キャッシュ」が「楽天Edy」にチャージできるようになり、楽天Edy加盟店での支払いも可能になりました!
2023年春には楽天Edyから楽天キャッシュにチャージできる機能も提供予定とのことです。

本記事では、「楽天ポイントギフトカード」と「楽天ギフトカード」の魅力や使い方を徹底解説します。

楽天ギフトカードとは

楽天ギフトカード画像 楽天ギフトカード画像02
△出典:楽天ギフトカード公式サイト

楽天市場、楽天各種サービスで利用可能なギフトカード(デジタルギフト、プリペイドカード)です。カード購入後、サイト上で購入分の楽天キャッシュを受取りできます。金額指定タイプ、金額固定タイプの二種類が販売されています。

(1)購入可能店舗

下記のコンビニ、家電量販店などの正規販売店で購入可能です。

販売店一覧(一部抜粋)
セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マツモトキヨシグループ、ココカラファイン、ゲオ、エディオン、楽天モバイル、TSUTAYA、100満ボルト、ジョーシン、ドン・キホーテ、快活CLUB、東急ストア、サンエー、SEIYU……

(2)クレジットカードでの購入方法

コンビニで楽天ギフトカードを購入する際、クレジットカードでの支払いはできません。しかし、ある裏技を使うと特定店舗でクレジットカード支払いが可能です!

▼セブン-イレブンでnanaco支払い

セブン-イレブンでは、nanaco支払いで楽天ギフトカードを購入することができます。nanacoはセブンカード・プラスから、クレジットカード支払いでnanacoポイントをチャージすることができます。
つまり、実質クレジットカードで購入することができるんです!

▼ファミリーマートでFamiPay払い

ファミリーマートでは、FamiPay払いで楽天ギフトカードの購入が可能!
FamiPay残高へのチャージはクレジットカードで行う為対象カードであればポイントが貯まり、支払いでも0.5%分のFamiPayボーナスが還元されます!

楽天ポイントギフトカードとの違い

楽天ギフトカードと楽天ポイントギフトカードとの大きな違いとして以下の点が挙げられます。

(1) 楽天キャッシュを受け取れる。

楽天ポイントギフトカードは「楽天ポイント」を受け取っていましたが、楽天ギフトカードでは「楽天キャッシュ」を受け取れるようになりました。

(2) 実質的有効期限の延長

「楽天ポイントギフトカード」で受け取っていた楽天ポイントは、ギフトカードを購入してから6か月間しか有効期限がなく、少々不便でした。
しかし「楽天ギフトカード」で受け取れる楽天キャッシュは受け取りから10年間有効期限があります!
安いときにギフトカードを購入して、楽天キャッシュを貯めておくこともできます。
※楽天ギフトカードを購入してから6か月以内に楽天キャッシュを受け取らなかった場合、楽天ギフトカード自体が無効になります。

(3) 利用制限の緩和

楽天ポイントは1回の支払いで3万ポイントしか使用できず、月に10万ポイントの使用しかできませんでした(ダイヤモンド会員を除く)
楽天キャッシュでは、1回の支払いで10万ポイントを使用できるようになり、月に100万ポイントまで使用可能です!
これで楽天市場でよりお得な買い物ができるようになりますね。

楽天キャッシュとは何か

楽天キャッシュロゴ

△出典:楽天キャッシュ公式サイト

(1)使用可能サービス、店舗

楽天キャッシュは、楽天市場、楽天トラベル、ラクマなどのインターネットサービスや、楽天ペイアプリ加盟店などの支払いに利用できる、「オンライン上の電子マネー」です。

身近では、以下の店舗で使用することが可能です。

街ナカ、ネットでの使用可能店舗一覧(一部抜粋)
セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、イトーヨーカドー、ヤマダ電機、ビックカメラ、エディオン、JINS、高島屋、IKEA、ゲオ、BUYMA、mobage、DMM、ドスパラ、コジマネット、秋葉館、ECカレント、XPRICE……

ここで筆者が気になったのは、高ポイント還元率の「ビックカメラ」や「ヤマダ電機」、そして以前当サイトでも紹介した「DMM」。
DMMポイントを楽天Pay(楽天キャッシュ)で支払える為、DMM通販の決済時、下記ブログで紹介した方法でDVDやゲーム、ホビーや日用品等を購入可能です!

▼ベテルギフトブログ「ビットキャッシュで本やDVD、ホビー商品を格安で購入できる裏技!!」DMMブログリンク画像

(2)楽天Edyとの互換性(2022年11月更新)

2022年10月19日より「楽天キャッシュ」⇒「楽天Edy」へのチャージが可能になりました。2023年春に「楽天Edy」⇒「楽天キャッシュ」へのチャージ機能が提供が予定されています。

▼楽天キャッシュから楽天Edyへのチャージ方法

●STEP1

・「楽天Edy」マイページ(Web)
・iPhone版Edyカード用「楽天Edy」アプリ

上記より『チャージ申請』を行います。
その際、チャージ先の楽天Edyを選択後、チャージ額を入力し確定します。

※今後、「おサイフケータイ®」機能が搭載されたAndroid版「楽天ペイ」アプリとAndroid版「楽天Edy」アプリにも対応予定

●STEP2

対象の楽天Edyで受け取りを行います。
楽天Edyマイページに登録している楽天Edyにチャージが可能(下記画像参照)

楽天Edy

チャージ方法
△出典:楽天Payment公式サイト

上記機能の詳細は、楽天公式ページも併せて参照ください。

(3)投資信託サービスでも使用可能!

2022年6月19日(日)から楽天キャッシュで、投資信託の積み立てができるサービスが開始しました

楽天投信積立で楽天キャッシュ決済が開始

毎月5万円まで投信積立が可能で、楽天カード(クレジットカード)決済もあわせると、毎月10万円まで積立が可能です。
また、楽天キャッシュで積立を行った場合、最大1%のポイント還元(※1)までついてきます!楽天ギフトカード自体を安く入手できれば、お得に積み立てができます。

(※1) 楽天キャッシュのチャージに楽天カードを使用した際に、0.5%のポイント還元。投信積立での楽天キャッシュ利用額に対し、0.5%をポイント還元(2022年8月買付分~12月買付分)

楽天ギフトカードの使い方

わかりやすく楽天ギフトカードや楽天キャッシュを説明するため、実際にギフトカードの購入から登録まで試してみました!

ギフト券が使用できなかった際の対処法もご紹介します。

(1) 楽天ギフトカードを購入しよう!

今回は、セブン-イレブンさんでギフト券を購入!!

楽天ギフトカード販売風景

楽天ポイントギフトカードとよく似ていますが、よく見るとギフトカードの表面に「楽天キャッシュ」のロゴが書かれています!

楽天ギフトカード表面楽天ポイントギフトカード画像
△左が楽天ギフトカード、右が楽天ポイントギフトカード

(2) 楽天ギフトカードを使ってみよう!

購入した楽天ギフトカードを実際に使ってみます。
楽天ギフトカードは、商品購入時の決済画面で入力を行うのではなく、事前に楽天アカウントへの登録を行い、その残高から買い物を行う仕組みです。

楽天の公式サイトにある【楽天ギフトカード 受け取り画面】からギフトカードの登録ができるようになっており、カード裏面のPIN番号を入力して「同意して受け取る」ボタンを押すと、楽天キャッシュを受け取ることができます。

楽天ギフトカード受け取り画面

実際にPIN番号を入力して試してみると……。

楽天ギフトカードの受け取り成功画面

無事に楽天キャッシュを獲得することができました!!

(3) 使えない場合はどうするのか

カード裏面のPIN番号を入力をしても、楽天キャッシュが獲得できない……。
そんな時、PIN番号を入力した場所の下に、赤文字でメッセージが書かれていませんか?

PIN番号を誤って入力してしまっていたり、スペースを入力してしまうと、「入力されたPIN番号が無効です。【GIFTCARD005】」と表示されるようになっています。

楽天ギフトカードのPIN番号に誤りがあり、登録できなかった画面

また一度使用したPIN番号を入力すると「すでに使用されたPIN番号が入力されました。【GIFTCARD003】」と表示されます。

既に使用された楽天ギフトカードを入力した際、エラーになる画面

そんな時は裏面のPIN番号を確認したり、一度使用した楽天ギフトカードではないか再度確認!原因が分からない場合は、楽天カスタマーセンターに問い合わせをしましょう。

他にはこんなメリットも!

(1) 楽天ポイントが貯まる!

楽天キャッシュ(楽天ペイ)支払いで、楽天ポイントが貯まります。100円ごとに1ポイント貯まるのですが、なんと、楽天ポイント加盟店での利用であれば、楽天ポイントカードを提示すると、ポイントが二重取り可能!

ここ最近では、西友(SEIYU)や地方のスーパーマーケットも楽天ポイント加盟店になっていますし、ファミリーマートやマクドナルド等、身近なお店も加盟店です。日々の生活に取り入れるだけでもかなりお得に。

(2) 個人間で送金ができる!

大抵の場合、銀行振込だと手数料がかかりますが、楽天キャッシュだと、楽天ペイアプリを使うことでお手軽に送金可能!しかも特別な手続き不要、手数料もかかりません!!

大まかな手順としては以下の通りです

①楽天ペイアプリ上「送る」タブ選択後「楽天キャッシュを送る」を押す

楽天キャッシュ送付03

②「連絡先(電話帳)を同期する」から送り先選択

楽天キャッシュ送付02
③送付額入力(必要ならコメントも入力可)後「完了」ボタンを押す

楽天キャッシュ送付01
④内容が問題なければ「確認へ」⇒「スライドで送る」ボタンをスライドし完了
※連絡先に無い方へ送る場合『一覧にいない人に送る』から送り先等入力し「リンクを作成」ボタン⇒「リンクを送るツール」でリンクを作成し相手へ送ります。

楽天キャッシュ送付04
△出典:楽天Pay公式サイト

友達と一緒に食事に行ったときに、割り勘代金を楽天キャッシュで払うのも便利です。1円単位でもすぐに支払いできます。

まとめ

楽天ギフトカード、楽天キャッシュの基本的な使い方やメリットについてご紹介しました。

楽天ギフトカード登場で大きく変わったポイントをまとめると…

① 楽天ポイントではなく、楽天キャッシュを受け取れるようになった。
② 楽天ポイントではできなかった支払いが、楽天キャッシュ(楽天ペイ)で支払い可能になった。
③ 有効期限が10年に延長された。
④ 楽天Edyへのチャージが可能になった。

ベテルギフトでは「楽天ギフトカード」を取り扱いしています。
定価よりも安く売買されているので、ベテルギフトで楽天ギフトカードを買って使えば、さらにお得に……!