ベテルギフトは国内最安の電子ギフト券売買プラットホーム!

ペテルギフトロゴ

取引率93.08%

不正ギフト券報告0(今月)

›  
アマゾンギフト券の売買業者で信用ある見分け方、注意点は?

アマゾンギフト券の売買業者で信用ある見分け方、注意点は?

アマゾンギフト券を安く手に入れたい方や、手持ちのアマゾンギフト券を現金化したい方の窓口となるのがアマゾンギフト券の売買業者です。

しかし、実際には謳っている買取率より少ない金額しか振り込まれないことや、不正取得したアマゾンギフト券が販売されているなど詐欺業者も多く存在しています。

今回は、そういった詐欺業者の特徴や手口安全な業者の見分け方や注意点を解説するとともに、詐欺にあったらどうすれば良いのかも合わせてお知らせしたいと思います。

詐欺業者の特徴、どういう手口が多いか

アマゾンギフト券の売買で詐欺を行っている業者は後を絶たず、ネット上でも大きな問題になっています。

ここでは、詐欺業者の特徴や、どういう手口でアマゾンギフト券やお金を騙し取ってくるのかということを解説します。

そもそも売買契約を履行しないケース

アマゾンギフト券の詐欺で最も典型的なケースは、そもそも売買契約を履行しないケースです。

これは業者を通してアマゾンギフト券を安く購入したい方にも、手持ちのアマゾンギフト券を買い取って貰いたい方にも関係する詐欺なのですが、ネット上で売買の契約をしたにも関わらず業者が履行しないというものです。

アマゾンギフト券の購入代金を振り込んだのに業者からギフト券やコードが送られて来なかったり反対にギフト券やコードを業者に送ったのに現金が振り込まれなかったりすると、これは詐欺の可能性があります。

 

買取率と振込金額が違うケース

アマゾンギフト券の高い買取率を謳っているにも関わらず実際に取引をするとそれよりも低い金額しか振り込まれないケースがあります。

これだけなら明らかな詐欺なのですが、悪質な業者では規約に「買取率は最も金額の安い1枚のみ〇〇%で、その他は20%とする」などと記載することで業者側に虚偽はないと主張するという特徴があります。

利用者は取引をする前に規約に同意することを求められるため、規約をよく読んでいないとこの手口に引っかかってしまいます。

この場合、業者による詐欺と主張したくても、規約に一度同意している以上は通常の売買契約を行ったと見なされる可能性があります。

 

不正取得したアマゾンギフト券が販売されている

また、上記のような手段で不正に取得されたアマゾンギフト券を買ってしまうと、詐欺被害が報告されることでそのアマゾンギフト券が無効化されてしまうことがあります。

それだけではなく、そのギフト券やコードを所持している自分も詐欺行為に加担したと見なされれば警察から連絡が来ることも考えられます。

その際、問題となっているアマゾンギフト券を購入した経緯や業者とのメールを提示することで最終的には疑いを晴らせるとは思いますが、そういった容疑をかけられること自体心外なことですよね。

 

業者を見極める際にどういう点を注意すればいいか

さて、ここまでアマゾンギフト券の詐欺業者の特徴やその手口を解説しました。

次に、そういった業者に引っかからないために取れる自衛の手段として、悪質な業者を見極める際に注意すべきポイントを紹介していきます。

 

相場より高過ぎる買取率を謳っている業者は危険

ネット上でのアマゾンギフト券の買取率の相場は80%~92%とされています。

手持ちのアマゾンギフト券を現金化したい方は少しでも高い買取率の業者に買い取って貰いたいところですが、これよりも高い買取率の業者は上記のケースに該当するか、詐欺業者の可能性があります。

93%で買い取った場合、それ以上高く売れる業者は正直ほとんどございません。

アマゾンギフト券の売買業者は、買い取ったアマゾンギフト券を転売することで利益を上げているのですから、相場より高い買取率で買い取ってしまうと収益が出なくなります。

安く買って、高く売るという商売の原則を考えれば相場より高い買取率には何かウラがあると考えるべきなのです。

その点、ベテルギフトとギフトグレースの運営者のノア商社はギフト券の転売ではなく、アマゾンを仕入れとしているため、問題ありません。

 

ネットの口コミも参考になる

詐欺業者の情報はネット上の口コミなどで共有されているので、自分が利用したいと考えている業者が安全な業者かどうかは事前に確認しておきたいところです。

また、詐欺業者はネット上の口コミに悪評が載るなどすると名前をコロコロと変えて営業する傾向があるため、開業して日が浅い業者よりも長い間営業している業者の方が信頼度は高いといえるでしょう。

ここまで手を回す業者もそう多くはないと思いますが、ネット上の口コミサイトにサクラの書き込みをする業者も考えられるため、複数の口コミサイトを見ておくとより安全といえます。

多少の悪評はライバル店が嫌がらせでやっているケースもありますが、明らかに、悪い評価が多い場合は控えましょう。

 

安全な業者がやっていることは?どういうことをやっている業者は信用できるか

ここまで、悪質な業者を見極める際に注意すべきポイントはお分かりいただけたでしょうか?

次に、安全な業者が利用者に信用してもらうためにやっていることを紹介します。どこを見れば安全な業者だと判断できるのでしょうか。

 

ホームページに必要な情報が記載されているか

安全な業者というのは、ホームページに「所在地」や「電話番号」、「古物営業許可番号」を記載しています。

「所在地」はグーグルマップで見ることや実際に訪れることで確認ができますし、「電話番号」も一度電話をかければ本当に繋がるか確認することができます

また、「古物営業許可番号」も東京都公安委員会のホームページから届出のある番号を調べることができるので、安全な業者であれば堂々と記載することが可能です。

これらの情報が記載されていることは安全な業者を見分ける上で重要なポイントとなります。

 

問い合わせへの対応は丁寧か

また、安全な業者は電話やメールでの問い合わせへの対応も丁寧な傾向があります

電話の応対やメールの文面に不自然な点がなく、こちらが尋ねている内容に真摯に答えてくれる業者は安全と見なすことができるでしょう。

しかし、アマゾンギフト券に関する質問に答えられない業者や、連絡を一方的に打ち切ろうとしてくる業者はもしかしたら悪質な詐欺業者かもしれません。

まともな業者であれば、余程のことがない限り利用者の質問にきちんと答えてくれるものです。

 

もし詐欺にあったら

今回は詐欺業者を見分ける方法を紹介してきましたが、残念ながら詐欺業者を100%見極めることは難しいかもしれません。

そこで、もし詐欺にあったらどうすればよいかをお話ししておきます。

 

まずは売買業者に連絡を

アマゾンギフト券の購入代金を振り込んだのにいつまでもギフト券やコードが送られてこなかったり、買取の際に振込まれた金額が業者の謳っている買取率よりも少なかったりした場合はまず売買業者に連絡をしましょう。

なぜかというとこの時点ではまだその業者が詐欺業者かどうかは分からないからです。

単に手続きが遅れていることや、業者の手違いである可能性を否定できませんよね。

 

それでもダメなら国民生活センターに相談

売買業者に連絡をしてもまともに取り合ってくれないケースや、そもそも音信不通になったというケースでは残念ながら詐欺にあった可能性が高いといえるでしょう。

このような場合は、あらゆる詐欺被害の相談窓口になっている国民生活センター(消費生活センター)に連絡することをおすすめします。

窓口は全国にあり、電話や直接訪問で相談を受け付けてくれます。ここでは専門のスタッフによる的確なアドバイスが受けられるので、詐欺被害を解決するための近道といえるでしょう。

いかがでしたでしょうか?アマゾンギフト券売買には詐欺業者による被害を受けるリスクが伴います。その点、ベテルギフトは100%安心と言い切れます!

詐欺にあわないためにも、詐欺業者の特徴や手口を理解した上で取引をしましょう。

詐欺業者と安全な業者を見分けるポイントや、詐欺にあった際に取るべき行動も知っておくとより安心ですので、今回の記事を参考にしていただければ幸いです。