ベテルギフトは日本最大級の電子ギフト券売買プラットホーム!

ペテルギフトロゴ

取引率92.64%

不正ギフト券報告2(今月)

›  
amazonギフト券 1,500円から金額を選べる!便利なバリアブルカード!

amazonギフト券 1,500円から金額を選べる!便利なバリアブルカード!

amazonギフト券をコンビニで購入したいけれど、金額を指定出来ないので不便だと思っていませんか?

実はコンビニで買えるバリアブルカードなら1円単位で金額を指定出来るんです!

今回の記事でははこの便利なバリアブルカードについて詳しく解説していきたいと思います。

1:バリアブルカードとは?

最近よく耳にするバリアブルカードですが、他のamazonギフト券の違いがよく分りませんよね。

バリアブルカードはコンビニで購入出来るamazonギフト券の一つです。正しくはカードタイプの一種になりますが、恐ろしく便利で使いやすいのでしっかりと覚えておきましょう。

では、バリアブルカードについてその用途や金額、購入方法について詳しくご紹介します。

1–1:バリアブルカードと他のカードタイプとの違い

バリアブルカードはコンビニで購入出来るカードタイプの一種で、2015年から発売されています。従来のカードタイプと違うのは何と言っても下記の一点です。

・1,500円から50,000円まで1円単位で金額を指定して購入出来る

それまでは、コンビニではカードタイプとシートタイプの2種類だけが販売されており、どちらもそれぞれ金額が決まっていました。

レジ前のラックに掛かっているカードタイプは3,000円、5,000円、10,000円、20,000円の4種類から選べます。また機械で購入するシートタイプは2,000円、30,000円、5,000円、10,000円、20,000円、25,000円の6種類に分かれています。

コンビニで買えるamazonギフト券は金額が決まっていることで使いづらいと思う人も多かったのです。

しかし、カードタイプの中で表面が黒色の「バリアブルカード」だけは、唯一1円単位で金額が指定出来るamazonギフト券となっています。

1–2:amazonギフト券が購入出来る場所

残念ながらバリアブルカードが購入出来るコンビニは、セブンイレブンとローソンのみとなっています。

バリアブルカードはこれらコンビニ2社でのみ販売されており、他のスーパーやドンキ・ホーテでいくら探してもありません。ただ、どちらも店舗数の多いコンビニなので購入するのに困ることはないでしょう。

またクレジット決済にはなりますが、バリアブルカードはamazonオンラインストアでも買うことが出来ます。忙しい時はネットで購入する方法を利用しましょう。

1–3:バリアブルカードの有効期限は?

2017年4月発行分のamazonギフト券からその有効期限が10年に延長されました。今までは、有効期限が1年のものから多くとも3年までとなっていたので期限が切れて使えなくなることが多かったのです。

どの種類のamazonギフト券も有効期限が10年と非常に長く使えるようになったことで非常に使いやすくなりました。

当然、このバリアブルカードも有効期限は10年となっています。

また有効期限はamazon内で簡単に確認出来ますので、常に確認をしておきましょう。

また有効期限が切れてしまっても、amazonに連絡をすると一回限り延長することが出来るんです。もったいないのでカスタマーサービスまで問い合わせてみて下さい♪

2:バリアブルカードを使うメリット

amazonギフト券の中でもこのバリアブルカードを使うと何がお得なのでしょうか。

答えは下記の3点となります。

・金額を指定出来ることで手持ちのamazonギフト券を使い切ることが出来る。

・代金引換の際、代引手数料が無料になる

・amazonマーケットプレイスで代金引換指定の商品が買える

ではそれぞれのメリットについて詳しく説明して行きます!

2–1:amazonギフト券の残額を使い切ることが出来る

バリアブルカードは1,500円から1円単位で購入金額を指定出来ます。

amazonギフト券の中には金額の種類が最初から決まっていて、そこから欲しい金額の商品を購入するタイプのものがあります。これらを使用する時、どうしても中途半端な金額が残ってしまいがちです。

その場合、商品の購入にあといくら必要か調べておいて、必要な金額だけバリアブルカードで購入すればきれいに使い切ることが出来ますよ♪

いくつかカートに商品を入れておき、その金額分だけバリアブルカードでまとめて支払いするのにも便利です。

注意点としては商品の金額を計算する時に他の手数料も含まれるので気を付けましょう。

このバリアブルカードのおかげで、コンビニで買えるamazonギフト券は金額が指定出来ないというネックが見事解消されました!

2–2: 代金引換を指定すると代引手数料が無料になる

amazonオンラインサイトで商品を購入する際に、支払い方法を代金引換に指定し、amazonギフト券で支払いすると代引手数料が掛かりません。

1回あたり324円とバカにならない金額なので、ぜひこの方法を有効活用しましょう。

商品が届いた際に現金を支払う手間が省け、さらに手数料が無料になるなんて本当にお得ですよね♪

2–3:マーケットプレイスで代引き指定の商品も購入出来る

バリアブルカードは代金引換の支払いに充てることが出来ます。

これがamazon内のマーケットプレイスで買い物をする時とても役に立つのです。マーケットプレイスでは出品者と購入者がそれぞれ自由に商品を売買出来る場所ですが、ここには会社や店舗の出品者と同様に、個人の出品者も多く存在します。

個人の出品者の中にはは代金引換を支払いの条件に設定しているケースがあるのです。

気に入った商品を見付けても、代引しか利用出来ないとせっかく購入したamazonギフト券が使えません。バリアブルカードを使うことでamazon内で商品を購入する時に支払い方法を気にする必要がないのです。

3:バリアブルカードの登録方法と使用する時の注意点

コンビニで買うamazonギフト券、一体どうやって使えば良いのか分からない人も多いでしょう。このバリアブルカードも他のギフト券と同じようにアカウントを登録するだけですぐに利用出来ます。ここではバリアブルカードを使ってamazon内で買い物する時の手順とその注意点をおさらいしてみましょう!

3–1:アカウント番号を登録する

基本的にはバリアブルカードもカードタイプのamazonギフト券と登録方法は同じです。

アマゾンサイトにサインインしたら上部のカテゴリーの中から「ギフト券」を選び

 

表示される「アカウントに登録」をクリックします。

次にアカウント番号を登録する画面が表示されますので、バリアブルカードに記載してある番号を登録してクリック♪

たったこれだけでバリアブルカードを使って、いつでも買い物が出来るようになります。

バリアブルカードは金額を自分で指定するものなので、いくら分買ったかということをきちんと把握しておくことが必要ですね。

3–2:バリアブルカードを使う時の注意点

バリアブルカードはamazonギフト券の残金を使い切りたい時に便利ですが、よく起こしがちな間違いがあります。

・商品の金額分だけを指定して購入してしまう

amazonでは商品代にはさまざまな手数料が加算されて合計金額を出しています。欲しい商品を見付けた時に、慌ててその商品の金額分だけを購入してしまうと、金額が足りず引っ掛かって先に進めません。

せっかく残額をきれいにしようとしても、再度バリアブルカードを購入するには1,500円以上買う必要があるので気を付けましょう!

残金を補充する時も同じで、商品に手数料を含めた金額を確認して購入する必要があります。

まとめ

如何でしょうか。今回はコンビニで購入出来るamazonギフト券の中でもバリアブルカードについて詳しくご紹介しました。

バリアブルカードは1,500円から50,000円まで1円単位で指定して購入出来る便利なamazonギフト券です。

ぜひこのバリアブルカードを上手に使ってamazonでの買い物を楽しんで下さい♪